承認欲求と不満


仕事初めの方々・受験生・学生さん・ママさん…。

今年はどんなお正月をお過ごしでしたでしょうか?

ゆっくり休まれた方、ご家族の集まりで慌ただしく

過ごされてお疲れになった方…。

皆様今日もお疲れ様でした☆彡

「不満」が溜まるとストレスになりますよね。

私も受験生を抱えて胃が痛い年越しをしました。

受験生であるにも関わらず、勉強をおろそかにしている子供を

どうしたらやる気にさせられるのか思い悩んでいます。

つまり「子供が言う事をきかない事」に私は「不満」を

抱いてストレスを感じていました。

しかし本来ならば「受験をするのは子供自身」であり

「私が受験をするわけではない」のです。

ですから不満を持つのは私のエゴです。

そして他人を思うようにコントロールできない自分に不満を

感じているわけです。

これは理屈に合わない感情です。

「不満」=「自分の気持ちの承認欲求」を子供に求めているわけです。

理解してはいるのですが…

親としては心配するのが常であります。

逆に言えば心配されない事は相手の事を考えてもいない、

無関心であるという事です。

無関心はとても怖いです。

気にも留めてい居ない、つまり愛されていない究極の表現でしょう。

幼い子にはわからない感情でしょうね。

いずれ大人になり、結婚し、家族ができ、守るべき子供が出来たら

初めてわかるのでしょう。

話が逸れました。

今あなたが「不満」を抱えているのであれば

「何か、誰かに自分を認めてもらえていない」

と感じていませんか?

人間は不思議な生き物で誰かに認めてもらう事、

誰かに自分の気持ちをわかってもらう事を

常に求めています。

「承認欲求」が満たされたら自然に気持ちが和らぎ

心が満たされ、モチベーションが上がるものです。

当たり前に思っている事も、

誰かに感謝されるともっと頑張ろう!

と思いませんか?

些細な事ですが、何気ないその行動が力の源になると

私は考えています。

行き詰った時こそ…

誰かに認めてもらいたい。

それが壁を乗り越える糧となると思います。

なるべく不必要な不満は捨てようと思った年明けでした。

しすい

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic

​©️ 2015 Clione Heart Warming