動物と話せたら良いのに。

考えてみると人生の中でペットと一緒に暮らしていなかった時期は1〜4ヵ月位しかなかったなぁと。両親が獣医師だったという事もあり生活には常に動物がいて当たり前の日常だったのです。むしろ動物といない時間の方がありませんでした。それを言い始めたら牧場経営している御家族も同じです。

一緒に生活しているからわかる事、ありますよね。

顔の認識だったり、表情だったり、年齢だったり、性格だったり、気持ちだったり…。

言葉で伝わらない、伝えられない事は沢山あるけれどある一定の基準はわかります。

母国語以外の言葉も似ていると思います。

始めはわからなくてもだんだんと理解していけて少しずつ言葉や表情を覚えて伝えられるようになるのと近いです。無理をして分体型から始めるよりコミュニケーションを実際にとる事が早いはずです。生活に必要な伝達手段としているからです。


動物と話せたら良いのに。


って思う人も多いと思います。

本当は話せているかもしれません。

お互いが認識を共通化している事が意思の疎通ができているという事だと思っています。

人間の使用している言葉で気持ちを伝え合わなくてはいけない訳では無いと思います。

相手を重じて気持ちを察しあえたら分かり合えていると思いますよ。





Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic

​©️ 2015 Clione Heart Warming